引越しをするその前に、覚えていたい手続き


引越し、その前に

協力して運ぶ

引っ越しは準備をしっかり行なう事が大事です。
特に遠くへの引越しで、新たな引越し先から今の住まいを行き交う機会が無い場合はちゃんと全てを整理しておく事が必要です。
その為に行っておくべき手続きは大きく分けて2つあります。
まず、住民票などの行政的な手続きです。次に、荷物や身の回りの品を移動です。

市区町村で行う手続きなどは、忘れていると新たな住まいへ移ってから面倒な事になる場合が多いので、必ず引越しする前に済ましておく必要があります。
多くの人が忘れがちなのが行政面での手続きです。頻繁に行なう手続きでは無いので忘れやすいのです。
代表的なものとしては、転入届と住民票の手続きがあります。
これらは引越し後の14日以内に行う必要があるので要注意です。
新たに住まう場所の役所で手続きします。前住所の役所で予め入手しておいた転出証明と身分証明書、それから印鑑を持参します。これらが揃えば転入届を出す手続きが行えます。
その他に、国民年金の手続きや、子どもなどがいる場合は転校に関する手続きが必要な場合があります。
特に転校手続きには、前の学校の書類が必要な場合があるので必ず事前に確認しましょう。

引越の手続きをする前に、どのような方法で引越するのかを始めに決めます。
自分で荷物をまとめ、新しい住まいに持って行く方法、または引越業者に依頼する方法があります。
依頼する場合は、事前に申し込みが必要です。
特に引越しシーズンの場合は、予約が既に入っていて出来ない場合があるので、早めに申し込みをすると良いでしょう。


オススメリンク

  1. 引っ越し作業は大阪のこちらが一番スムーズです!|福住引越センター
  2. 引越し費用のことを調べるなら|引越し料金見積もりnavi
  3. 引越し料金を単身で知りたい方はこちらのサイトをチェックしてみてください。様々な情報が書かれているので参考になりますよ。